FC2ブログ
今回のブログ担当は4班です。

初めて戦前、戦後、今の日本歌曲を感動して聞くことができました。
敷居が高く敬遠していたジャンルでした。
観賞力のあるみなさんはさぞかしあっという間の2時間だったこととお思います。
Vo西垣俊朗さまが最初に「人生の扉」を私たちと一緒に歌われた時、私たちの歌声を褒めてくださった。が最後に全員で「涙そうそう」など歌った時はお褒めの言葉はなかった。
多分1年間を通して「人生の扉」を歌い続けてきた私たち一人一人は、この歌を自分のものにしていたからにちがいないと思いました。
10期生の目覚ましソングを「今の日本歌曲の一つ」として覚えておこうと思います。
これからも多くの人に愛され歌いつがれていくことでしょう。

-----------上田先生の講義録
本日は、西垣俊朗、大淵夕季先生をお招きして、P1010480縮小
日本歌曲の歴史を追うリサイタルの形式の講義、 戦前から戦中戦後までの懐かしい日本の歌、同じ詩に付された歌曲の聴き比べ、そして近年作曲され今まさに愛されている歌曲、まで幅広く歌っていただきました。P1010495縮小

❤今日もいつものように、オープニングは私達の「人生の扉」。
 「西垣先生と大淵先生の歌声に負けないように」と言いました所為か、これまでで一番の声が聴けたように感じ、私は楽しくピアノ伴奏を弾くことができました。 皆さんの“歌大好き!”感が伝わったようで、西垣先生は独唱予定だった曲も一部を「みなさんと御一緒に!」に変更され、楽しい時間になりました。

≪プログラム≫
テノール:西垣俊朗  ソプラノ:大淵夕季  P:上田 啓子
第Ⅰ部
∮滝 廉太郎(1879-1903) 日本歌曲の世界-001縮小      花(1900)     詩:竹島羽衣 ・・・・・・・・・・・・・・・大淵&西垣

∮山田耕筰(1886-1965) 日本歌曲の世界-002縮小
 からたちの花(1925) 詩:北原白秋 ・・・・・・・・・・・・・・・大淵
 鐘が鳴ります(1922) 詩:北原白秋 ・・・・・・・・・・・・・・・西垣    
 曼珠沙華(1922)   詩:北原白秋 ・・・・・・・・・・・・・・・大淵 
この道(1927)    詩:北原白秋 ・・・・・・・・・・・・・・・西垣
♥西垣先生の「みなさん、どうぞ御一緒に」 に誘われ、「この道」は皆で歌いました。

∮平井康三郎(1910-2002) 日本歌曲の世界-003縮小 平城山(1935)  詩: 北見志保子  ・・・・・・・・・・・・・・・西垣

∮橋本国彦(1904-1949) 日本歌曲の世界-004縮小  お菓子と娘(1928) 詩:西條八十 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・大淵    
富士山みたら(1929)  詩:久保田 宵二 ・・・・・・・・・・・・・・・西垣   

∮ 同じ詩に付された歌曲の聴き比べ
「さくら横ちょう(詩:加藤周一)」
  中田喜直(1923-2000)  (1950 「“マチネ・ポエティク”による四つの歌曲」より)  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・西垣  日本歌曲の世界-005縮小
                                  
  別宮貞雄(1922~2012) (1951歌曲集「二つのロンデル」より) ・・・・・・・・・・・・・・・大淵日本歌曲の世界縮小 

「かなしくなったときは( 詩:寺山修司) 」  
大中 恩(1924~) when I become sad  ・・・・・・・・・・・・・・・・西垣
日本歌曲の世界-006縮小  中田喜直(1923-2000) when I feel sad (1964歌曲集「木の匙」の第10曲) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・大淵

第Ⅱ部
∮小林秀雄(1931-)日本歌曲の世界-007縮小 落葉松            詩:野上 彰 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・西垣
  ♥この曲では突然、西垣先生の「皆さんどうぞ御一緒に」が入り、全員とはゆかなかったです
   が歌えた方もおられました。先生の豊かな歌唱と一緒はチョッピリ難しかったかも。

 すてきな春に      詩:峰 陽  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・大淵  

∮武満 徹(1930-1996)日本歌曲の世界-008縮小
 死んだ男の残したものは(1965) 詩:谷川俊太郎 ・・・・・・・・・西垣 

小さな空(1963) 詞:武満徹  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・大淵

∮木下牧子(1956~)
竹とんぼに              詩:岸田衿子・・・・・・・・・・・・・・・・・・大淵

∮小椋 佳(1944~)
シクラメンのかおり(1975)     詩:小椋 佳 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・西垣
♥この曲、先生は遠慮されてカット予定だったのですが、是非聴きたくて、無理やりアンコール
   として歌っていただきました。 
★最後に、もう一度皆の歌の時間。西垣先生と大渕先生の歌唱指導で、皆で歌いました!
     ∮涙そうそう (1998)  作詞:森山良子(1948~) 作曲:BEGIN P1010504縮小

2回練習後、先生に「はい、では録音!」と告げられた3回目の歌唱は本当に力強く、情感が広がって素敵でした! 両先生には勿論、私達にも拍手!




☆☆☆ 一口レポートの抜粋 ☆☆☆

◆クラシックはすばらしい! しかし日本人なんだなあー、今日の日本の歌じーんと来た!すばらしい歌声とピアノでしたね。

◆本日の講義は 今までの中でベスト3に入る充実した内容で満足しました。

◆西垣、大淵先生の素晴らしい歌声に、上田先生の絶妙なピアノ演奏が合わさって、日本の歌曲の魅力を堪能しました。

◆やはりLIVEは良い。その上、日本の歌曲はすばらしい。シクラメンの香りはBRAVO!

◆以前にゲストで来ていただいて、声を聞かせていただいた時にとてもすばらしい時間を持てたので、今日はとても楽しかった。

◆日本歌曲、伴奏付きで聞くなんて数十年ぶりです。至福の時でした。ありがとうございます。

◆「曼珠沙華」感動して涙が出そうになりました。息子が小さい時「彼岸花」はお墓の花だねと言っていたのを思い出しました。



☆☆☆ 上田先生から丁寧な回答&コメントが ☆☆☆


◆明治維新から西洋文化文明を導入して、音楽の分野では大正昭和初期にやっとそのレベルに達した
「花」は記念碑か。
Ans. 「花」は瀧廉太郎によって作曲された歌曲、1900年11月1日付けで共益商社出版から刊行された歌曲集(組歌)『四季』の第1曲。初版の序文で瀧廉太郎は、「(当時作られていた)日本の歌曲は教育用の学校唱歌ばかりで質の高いものが少ないため、微力ながら日本語の歌詞に作曲した曲を世に出すことによって日本歌曲の発展に寄与したい」という趣旨の発言を残している、とのことから記念碑的作品と言えるでしょう。


Comment.

今日は演奏家招致シリーズの最終日、私達の心に最もダイレクトに触れてくる選りすぐりの日本歌曲を西垣俊朗先生、大淵夕季先生に歌っていただきました。伴奏ピアノを弾いていて幸せに感じること、アンサンブルそのものが楽しく幸せなのですが、もう一つ感じることは、毎年同じ曲を歌っていても、年ごとに、歌唱がどんどん深まってゆくことです。若い大嶋先生、大淵先生はもちろんのこと、若いとは言えない西垣先生、そして私も、毎年少しづつでも歌のもつ心の襞に分け入りたくて努力を重ねており、それがお互いに響き合う瞬間が、最高に幸せです。今後もずっと続けたいと心から思いました。
そして、こうした素敵な時間は受講皆さんの熱い音楽への思いがあってこそ生まれたのだと思います。最初の「人生の扉」、途中で西垣先生に促されて一緒に歌った「この道」、最後の「涙 そうそう」、素晴らしい歌唱でした! 上田啓子










スポンサーサイト
今回のブログ当番は3班です。
世の中で残るものは何かと考えてみると、
自然は、まあ残るだろう、
次に神社や仏閣が残り、建物もある程度は残るだろう。
消えゆくだろうものはお金と人間であろう。
音楽は残るはずだ。

----------- 社会への参加活動訪問先は日本銀行大阪支店です。
敷地内は撮影禁止ということで、外で撮影したものです。
IMG_5293縮小
IMG_5294縮小
IMG_5295縮小
DSC_0082縮小

見学後は、各班独自行動です。
1班は中央公会堂の地下食堂で特製オムレツを食べた後、
近くのカフェで学習成果発表会の打合せをしました。
地下の窓のない部屋で、お客は私たちだけ。
会議するには持って来いの穴場です。

DSC_0086縮小



☆☆☆ 一口レポートの抜粋 ☆☆☆



◆日銀見学ははじめてで楽しかった。いくつになっても新しいことを知るのは元気の元になりますね。

◆日銀の職員が公務員ではないことを初めて知った。

◆初めての内覧で 体験できて思い出深まる。

◆日銀のガードはさすがと感じたが人件費を考えるとオーバー過ぎるのではと思った。

◆日本銀行大阪支店の見学は2回目で前回はビデオが無く口頭説明だったが今回はビデオ説明で分かり易かった。

◆明治時代の建物と現代の建物の融合が見事でした。貴賓室のステンドグラスレリーフが素晴らしい。

◆行内は、民間の会社とは全く異なる雰囲気(静謐、清潔、保安、ゆとり)で、大阪の中心地にあるとは思えない異次元の世界であった。

◆何気なく使っている紙幣ですが、高度な技術でつくられているから偽造されにくいのですね。

今日のブログ担当は2班です。
7月30日の白熱教室に続いて、今回もテーマは同じ「私と音楽」。
前回は18名が発表しましたが、今回はCD含めて24名が発表(一部質問も含め)。
冒頭、上田先生からコーダイフェスタのコーラスについて「ブラボー」と絶賛の評価をいただきました。
良く揃っていたねではなく、皆自由に歌を伝えようとしていたというお褒めの言葉はうれしかったです。
皆がその様に歌えたのは、我々のテーマソング「人生の扉」を通じて譜面に囚われず歌う事を教えていただいた上田先生のお陰です。
7月の白熱教室に比べて、今回の皆の発言にはこれまでの授業の楽しかったという気持ちが染み出していました。
DSC_3285縮小

音楽を聴きながら他の事ができますかの質問では、個々の方の性格が表れていました。
芸実家肌の方はNOが多く、実務家的な方はYESが多かったように見えました。
DSC_3283縮小

「音楽を楽しむ科」の名称についてのやり取りも面白かったです。
私は、名前や人気はどうであれ、受講した人が楽しめる授業をこれからも永く続けていただきたいと願っています。

---午後の時間---
午後約一時間位のDVDを見せていただきました。
4月入学からコーダイフェスタに至る「音楽を楽しむ科」の活動の映像(音響)を見せていただき、目頭が熱くなりました。
毎回授業内容を事細かく映像化いただいた横谷CD、膨大な映像をこれほど感動的に編集いただいたY川さん、ありがとうございました。
皆が「音楽を楽しむ科」を受講して良かったと実感した映像でした。本当にありがとうございました。
その後、各班に別れて成果発表会の準備。
コーダイフェスタに続いて今度は班での競い合いです。
頑張りましょう。


[満足] 19
◆音楽がない人生はない!楽器が演奏できなくても、できてもへたでも楽しければ…
◆みなさんの発言が活発で楽しかった。
◆皆様がそれぞれの人生に音楽とかかわっていらっしゃる事がわかり楽しかったです。
◆さまざまな「私と音楽」のかかわりを聞かせていただき、楽しい。
◆皆なの意見が聞けてよかったです。
◆みなさんのお話を聞いて音楽に「ぞうけい」が深いなと思いました。
◆みなさんのお話を聞けて、人生の勉強になりました。
◆クラスの皆の発表の内容を聞いて、やはり皆生まれてから現在まで何らかの形で音楽にかかわって生きていることが、良くわかった。喜びも悲しみも音楽と僕にですね。
◆それぞれの方々の小さい頃からの音楽のかかわりを聞けた。クラシック音楽を~しながら聴ける方々が多くびっくりした。私には出来ない!
Ans.私も出来ないでーす! 
◆先生がテーマをきめてくれたので、皆さん話しやすかったと思う。一人、一人違う音楽とのかかわりが聞けてよかった。
◆いろいろな人の音楽との関わり方を知り、今後の生活の楽しみ方にプラスしていきたいと思いました。
◆それぞれの素直な思いが聞けて良かった。家事をしながら聴いていると言ったが、音楽がモチベーションになり、しばしば手が止まり、イスに座りこみ聞きいることがある。皆なさんの人生がにじみ出た発言であったような気がした。
◆発表されている方々の顔が皆さん笑顔で楽しそうに話されている姿に感動です。上田先生ありがとうございました。
◆いろんな人の音楽との思い出やかかわりを聞けてよかった。
◆君が代の由来とか勉強になりました。皆さんの音楽への思い入れよく伝わりました。
◆音楽を楽しむ科は高大の始めての受講時に落選して、今回の時も違う科を受けて落ちてから、以前金ようの時に落ちたのが、月曜に変わって空いていたので、喜んで申し込みました。実際受講して、生演奏が素晴らしかったです。音楽を楽しむでも良いけど親しむ科はどうでしょうか?
Ans.御提案ありがとうございます! 
◆白熱教室のテーマ「私と音楽」;皆さんいろいろ経験とか現在の音楽とのかかわりを聞いて、音楽を楽しむ科に入って良かったと思いました。
◆皆さん、それぞれ音楽とのかかわり方を聞くことが出来てよかった。

[少し満足]11
◆皆さんの話を聞かせていただき、音楽はやはり“生きる力”を引き出してくれるのかなあと感じました。これからも素敵な音楽に心を震わせて人生を豊かにしていきたい。
◆みんなの話を聞き、それぞれに音楽とのかかわり、楽しかったです。
◆今日は“音楽と私”というテーマで話をするが、皆んなの話をきいて、いろいろな形で音楽にかかわってきた人がこの講座に来ておられるんだなーと思った。
◆御一人々の声を聴くことは非常に参考になる。このクラスではこのような機会が少ないので有難い。年間の終りに近ずいてますがもっと機会を!
◆人によって音楽とのかかわりはいろいろあるのがわかった。音楽は空気みたいなものなのかもしれない。
◆人それぞれによりそってきた音楽。聞きながら自分の歩んできた事を思った。
◆話をする機会が少ないので、人の話を聞けて良かった。
◆皆さんの「音楽と私」の話を聞き、色々な人生の生き方を垣間見ることができ、面白かった。
◆皆さんそれぞれの音楽との関りについて聞かせて頂き、音楽の持つ力を実感しました。
◆日頃余り会話をしたことのない人の「音楽との関わり」が聞けて参考になったが、白熱といえるレベルにはならなかった。

[少し不満]5
◆音楽との関りは人様々ですね。白熱教室の進め方、班ごとの話し合いもあっていいように思います。
◆人前で話すのはいまだに苦手で白熱教室はきらいです。
◆白熱の意図が?時間が過ぎ去るのを待っている。
◆短かめに皆の意見を聞きたかったです。
◆いつもは歌で心が一つになっていたのに本日はもの足りなかった
Ans.「人生の扉」伴奏譜は持っていましたが、ピアノを使える日ではなかったのです。I'm sorry!

Comment. テーマは前回同様「音楽と私」、誰でも自由に話せるよう、敢えて焦点を絞りこまないテーマを続けました。高大型白熱教室の目的は「人前で話す経験を積むこと」なので、班内の会話を超えてクラス皆に語りかける場となるよう全員車座の設定を続けました。設定は同じでも、お互いの垣根がとれて前回よりずっとリラックスした対話を進めることが出来たように思います。コーラスの体験、一年間の実りは大きいものですね。音楽と係わる日常が語られたり、専門的な質問がとんだり・・・と様々で、皆様の豊かな体験を楽しく聴かせていただけて、嬉しい時間でした。残り2回の講義を頑張ります!       上田啓子
今回のブログ担当は1班です。
朝の体操
P1010380縮小
今日の圧巻は、
野間直子先生のご指導と小野文先生のピアノ伴奏に助けられ、
4か月間熱心に練習を積み重ねた私たちのコーラスです。
昭和の名曲と銘打って、
「明日があるさ」
「若者たち」
「翼をください」
「黒猫のタンゴ」
「見上げてごらん夜の星を」の5曲です。

リハーサル待ちの時間に記念写真
P1010395縮小
リハーサルの最初はコーラス委員による準備運動
P1010421縮小
本番開始
P1010432縮小
リハーサルを終え本番を待つ間は、ドキドキ、ワクワク、緊張していましたが、
本番では不思議と落ち着いて、先生のMCに、フムフム、ああそうだった、そんなこともあったのかと聞き入る余裕も出てきました。
自分としては少し間違えたところもあったのですが、
会場の温かい眼差しと、私たちと一緒に楽しんで下さっている様子が見え、
「ブラボー」の声が聞こえた時、
先生も私たちもとてもうれしく、大いに元気が出ました。
横谷CDがビデオ撮影をして下さったので、
見るのがとても楽しみです。
コーラス練習を通じて、
先生の楽しく笑いを誘いながらも時折メガネの奥からキラリと垣間見える真剣な眼差しに、
知らず知らず背筋をすっと伸ばし、お腹から大きな声で歌う事を楽しめるようになったことは
素晴らしい経験でした。
野間直子先生、小野文先生ご指導ありがとうございました。

昭和フォークライブ
P1010443縮小

河内音頭で締めくくり
P1010449縮小


☆☆☆ 一口レポートの抜粋 ☆☆☆

◆コーラスは頑張ってる自分に感動したのか、うるうるしました。

◆社交ダンスクラブの発表は 私の人生で一番楽しかったです。

◆コーラス最高に盛りあがっていたと思います。歌うことの楽しさを味わいました。

◆クラスの皆様と音楽を歌い楽しみ、見ている人達からも喜んでいただき 感動しました。

◆スポーツやイベントを見たかったが、時間がなかった。同時に二つのイベントは、難しいと思う。

◆コーラスのリハーサルをしてから、本番になり、初めて舞台を見て意外に広かったので、落ち着いて出来ました。

◆歌は嫌いだったのに、練習が楽しくて一生懸命歌っていました。本番は感動!!

◆コーラスの発表会はめっちゃ盛り上がって楽しかった。野間先生に感謝!!です。



< クラスディレクターの感想 >

“コーダイフェスタ2018”という今年度の大きなイヴェントが無事終了しました。ありがとうございました。本当にお疲れさまでした。2日目は野間先生のご指導で練習してきたコーラスを発表しましたが、皆様の喜んでいらっしゃる様子がよく伝わってきました。また今受講しているクラスの方が何人か聞きに来てくださっていて、“すごく良かった!!”と声を掛けられとても嬉しく思いました。
            
初めて舞台でコーラスを歌った方も大勢おられました。昨年の秋からクラスミーティングの時間を練習に充てて、野間先生に指導して頂いた成果が十分に発揮されたと感じてます。この日の本番が一番良かったです!野間先生と共にピアノ伴奏をして頂いた小野文先生、お二人に改めて感謝です。皆様お疲れさまでした。

今回のブログ担当は4班です。
今日は待ちに待ったコーダイフェスタ。
中央体育館の中は思ったより広く、 あんのじょう明日出演する大会議室など下見に行くも、迷いにまよいなかなか座席に帰れませんでした。
クラス対抗バスケットシュートは、入った球が39で予選通過しました。P1010289縮小
P1010290縮小
P1010294縮小
P1010311縮小
P1010333縮小

我がクラスは他のクラスとは一味違うチームワークのよさがあったようです。
前半10人後半10人で投球。
投げていない方は球拾いをするのですが球拾いの返球が素早く投球者を片時も休ませないテンポ感がありました。おかげさまでみなさんいい汗かかれたのではないでしょうか。
家に帰る頃には万歩計が 13,768歩になっていました。
体調不良のコーラス委員長さんの復帰をお祈りしていよいよ明日は合唱発表です。
失敗OK失敗OKと先生が言われていました。 元気よくやりましょう。


☆☆☆ 一口レポートの抜粋 ☆☆☆


◆物産展では地産のお酒など良い買い物ができました。

◆「バスケット・シュート予選」はグループ2位で勝ち上がったのに、コーラス出演のため決勝に出れなかった
 のが、非常に残念だった。

◆何十年振りかでバスケットをしたが楽しかった。翌日少し膝が痛かったが。

◆スポーツに参加して楽しかった。フラメンコ素晴らしい。

◆異なる曜日の人たちと会えて良かった。

◆会場が広すぎて、まとまりに欠けていた。演奏するプロに申し訳なかった。

◆玉入れ、スポーツにはほど遠い球技でしたが、高大の行事だと、納得です。



< クラスディレクターの感想 >

今年は高大10周年記念として”コーダイフェスタ2018”が2日間にわたり開かれましたが、フェスタ役員の皆様をはじめ、クラス委員長やフェスタ委員の方々のご尽力心より感謝いたします。「バスケット・シュート」の決勝戦は出られず残念でしたが、応援していてとても気持ち良かったです。

クラスの皆さんのすぐ傍で、バスケット・シュート予選の模様をカメラに収めてましたが、笑顔に満ち溢れていました。合唱の発表を翌日に控え、他の競技に参加出来なかったのが、チョット残念でした                           

 | ホーム |  前のページ»»