FC2ブログ
今回のブログ担当は4班です。
「パリの巡り合い」のクイズピアノ曲に始まった講座でした。
今日はバロック音楽、絶対王政時代の話です。
ルネッサンスの終わりからあったオペラがバロックオペラとして発展していった。
メロディーが以前よりも強調されたのがその特徴らしい。
モンテヴェルディのオペラ「ポッペアの戴冠」の解説がありました。
皇帝ネロと女性にまつわる生々しい内容です。
まじめな女性ではなく悪女が勝つと言うもので、現代にもありそうな男女の情欲の世界。
もう少しそんな世界のおもいをはせていたかったのですが時が過ぎるのははやいもの。
最後に先生がバッハのピアノ曲を演奏してくださり気が付くと12時になっていました。

----- 上田先生の講義録 -------
今日の曲当てクイズは「パリの巡り逢い」、残念ながら正解者は出ませんでした。
フランシス・レイの作品ですので「男と女」と間違えられたようですが・・・お洒落な音楽をお届けしました。

P1000291縮小

 続いて竹内まりやの「人生の扉」、DVDを見ながら皆で歌ってみました。
音域が低いのと難しそうなのとで全員賛同とはゆかないようですが、歌いたい方も多いので、音域を上げた楽譜を作り直すことにしました。

P1000290縮小

このあと、漸く本題に・・・。 
ルネッサンスre-naissanceが意味する”再生”、具体例を求めるとすれば、それは16世紀末フィレンツェに集った貴族、学者、哲学者、詩人、音楽家達による古代ギリシャ演劇復元の試みに認められます。それは絢爛豪華なバロック・オペラに発展し、18世紀半ばまで続くバロック音楽の基盤となりました。オペラは、キリスト教的世界観が揺らいで、絶対王制期、すなわち「神から人へ」と焦点が移行した時期に、王侯貴族の最大の娯楽、権勢の証しとして発展、ルネッサンスの透明なア・カペラとは異なる質感、強いドラマ性を示す音楽となったのです。バロックBaroque は<いびつな真珠barroco(ポルトガル語)>と揶揄する言葉であり、大胆で濃厚な表現から、そのように呼ばれたと思われます。

オペラ鑑賞に入る前に、モンテヴェルディ作曲のマドリガーレを聴き、ポリフォニーからシンプルな単旋律(和弦伴奏付)音楽に変わってゆく様を聴きました。
 ❡ C.モンテヴェルディ(1567~1643)  マドリガーレ集第4巻「ああ、つらい別れ」・・・・・・ポリフォニー
                    マドリガーレ集第8巻「恋する者はみな戦士だ」・・・・・・・メロディと和音伴奏
 
続いて、バロック創世記の巨匠モンテヴェルディの絶筆となったオペラ「ポッペアの戴冠」をDVD抜粋にて鑑賞しました。題材は古代ローマ史より、美貌を生かして皇帝ネロを誑かし、巧みに皇妃の地位を掴み取った悪女・ポッペアの物語です。愛の神キューピット、運命の女神、美徳の女神の3人(?)の神様が生々しい人間ドラマに絡みあい、昔も今もかわることのない人間の欲望と喜怒哀楽が描き尽されます。アーノンクール指揮、ジャン・ピエール・ポネル演出のDVDは、かなり風刺の利いた表現です。実はどぎつい場面は映していないのですが、それでも過激だったかも。勧善懲悪の“マ逆”を突き進むかのように、人間の存在に潜む欲望や悪徳、矛盾や葛藤を抉り出してゆくこのオペラは、老いてなお意気軒昂、情熱的筆致を失うことなき巨匠モンテヴェルディの渾身の作、彼の執念が感じられるのではないでしょうか。
 ❡ Monteverdi《ポッペアの戴冠L'incoronazione di Poppea》アーノンクール指揮 
 
一方、キリスト教会においてもドラマによる信仰へ誘いが試みられるようになり、オラトリオやカンタータが生まれました。イエス磔刑と復活を描く「受難曲」は、多くの作曲家が手掛けた西洋音楽最重要主題ですが、”人間”としてのイエスが描かれる時に感動的な説得力をもつと私は思います。J.S.バッハの「マタイ受難曲」、一部分にすぎませんがDVDにて鑑賞しました。
 ❡ J.S.バッハ《マタイ受難曲Matthäus-Passion》(1727年作、1829年メンデルスゾーンによって復活上演)
                    カール・リヒター指揮、ミュンヘン・バッハ管弦楽団
最後に受難曲と同質のドラマを描くと思われる器楽曲として、バッハの「半音階的幻想曲&フーガ」を演奏しました。チェンバロの為に書かれた作品ですが、今日はピアノにて(時間不足でフーガは割愛)。
  ❡ J.S.バッハ 《Chromatische Fantasie und Fuge d-moll BWV903》



-------パワーポイント資料 抜粋 --------

音楽は芝居と共に:17-001縮小

音楽は芝居と共に:17-002縮小

音楽は芝居と共に:17-003縮小

音楽は芝居と共に:17-004縮小


☆☆☆ 一口レポートの抜粋 ☆☆☆

◆ バロックが大好きなんですが、どのようにルネッサンスから引きつがれたか、よくわかりました。
◆ 先週大阪に大きな地震がおこったが、今日皆んなが元気で無事だったことがとても嬉しい。私は音楽は苦手だが楽しい時間を過ごしたい。
◆ バッハ以前の音楽は食わず嫌いでした。モンテヴェルディ面白そう。
◆オペラの解説を先生がわかりやすく画面ごとに説明して下さり、とても良かったです。
◆半音階的幻想曲とフーガでしたか、今度は先生のチェンバロで聴かせていただきたいと思います。
◆バロック音楽のイメージが大分変わった。オペラがこんなに早く作られたのは驚きだ。
◆オベラはよく知らなかったけどいいものですね。

===上田先生からの回答&コメントです。===

◆ 課題曲は何度も聴かないとなかなか唄えないと.....難しいです。
Ans.「課題」ではないので御心配なく。「習うより慣れる」と思って一緒に歌いましょう。

◆物語は勧善懲悪で在ってほしい、悪者が勝利するのは後味が悪く不愉快です。
Ans.まったく! でも世の現実は必ずしも勧善懲悪とはゆかないですね。「せめて物語は・・・」とのお気持ちは分かりますが、表現の世界は人の世のあらゆる表情を描くのです。

◆最近は現代的な演出が多いオペラですが、違和感がありますが、今日のオペラはやっぱり良かった。
Ans.指揮者アーノンクールはやはり西洋古楽の第一人者ですから。

◆バロックオペラは主役が神から人間に変わる時期なのか洋の東西を問わず。
Ans.洋の東西を問わず古代史は神話と錯綜、どこまでが物語なのか真実なのか不明な点が多いようです。神は人の身近な存在だったのかもしれませんね。

◆いつもオペラの為出向くが、左右の日本語訳を目で追うのが忙しく、作品を理解するのにやや困っている。 自宅でdvdを活用して本日の講義のように日本語字幕が出てとてもありがたい。これからはdvd後に
劇場へ。
Ans.良いアイディアですね。筋が分からないと楽しめませんものね。

◆オペラを実際に見たくなりました。でも、英語? イタリア語?では内容が理解できない。「音楽を楽しむ」ですね。
Ans.今日の「ポッペアの戴冠」はイタリア語です。内容は言葉が分からない場合字幕に頼る他ないですね。最近は実際のオペラも原語上演の場合は字幕を用意されること多くなりましたよ。

◆「ポッペアの戴冠」は、現在でも演奏されているのでしょうか?
Ans.上演されていると思います。今日紹介のDVDは1979年製作で古いですが、私は1994年の別の上演も持っています。YouTubeにてClaudio Monteverdi: L'incoronazione di Poppeaで検索すると2017年の上演が出てきました。今日鑑賞したのと随分雰囲気が異なりますが・・・。

◆クラシックは好きだが、オペラは苦手。セリフを長々と歌で表現するためか?
 どうしたら好きになれますか?
Ans.好きな物語、好きな歌手、好きな指揮者を選ぶこと、あまりクドくない上演を観ること・・・・本当に良い上演を観ること、などでしょうか。たしかにオペラは、歌手が歌い過ぎがちで、クドいと敬遠されることもあります。軽妙なオペレッタあたりから入るのもあり、でしょうか。

◆人生の扉の音符、あまりに低いのでびっくり。竹内まりあの声の高さと音符で歌う声の高さ、
違う気がしました。
Ans.私も竹内まりあさんの声の感じと楽譜のイメージが噛み合わず、自分の感覚の覚束無さに愕然としています。それだけ竹内まりあさんの歌唱が上手いということなのでしょうね。


Comment.「人生の扉」たしかに難しい譜面ですが、歌詞は私達にとってピッタリです。「歌は語るもの」なので歌詞が体に入ってきた時に歌えるのだと私は思っています。これから移調譜作りますので一緒に歌いましょう! オペラもオラトリオも創作された時代を反映していますが、同時に私達の生きる現代にも繋がる問題が垣間見られると思います。昔も今も人は変わらない・・・のかもしれません。 上田啓子
スポンサーサイト



--------今日のブログ担当は3班です。---------
今日は、本年度初めて、生演奏を楽しめる機会でした。
少し難しい音楽の歴史や、音楽理論から少し解放されて、文字通り音楽を楽しみ、更に、ギターの音色を楽しみました。
上田先生は、10時になりましたが、ギタリストの増井一友先生が、まだ到着していないのを気にかけながら、
いつもの曲あてクイズのピアノ演奏で本日の授業がスタートしました。
その後、増井一友先生がお見えになりました。
JR環状線の遅れで、少し時間がかかったようです。
増井一友先生の軽妙なおしゃべりで始まりました。
「1973年にギタリストとしてスタートし、当初は、年齢・経験も一番下でしたが、いつの間にか自分よりも下の者がいなくなった。
そして昨年からここで演奏する機会があり、ここでは、自分自身が一番若いように思う、ゆっくりと音楽を楽しめる」
など、自己紹介がありました。
そして、リュート、ビウエラなど上田先生のパワーポイントと連携し、ギターの祖先の話もされ、いよいよギターの生演奏がスタートしました。
演目紹介

この色の字は上田先生のコメントです。
第Ⅰ部
1.ルイス・デ・ナルバエス
∮牛を見張れによる変奏曲 ・・・ビウエラの時代の雰囲気を残す素朴で楽しげな曲。
ビウエラ

2.J.S.バッハ(1685-1750)  
∮サラバンド、ブーレ ・・・リュート組曲よりの抜粋、リュートの奏法が見られる。
3.ナポレオン・コスト (1781~1829) 
∮リゾンの泉 ・・・ フランス ノルマンディー地方の地名
別名 村の踊り 構成は、前奏・歌の部分・踊りとなっている。
ハーモニックスの繊細な音が印象に残りました。
ギターらしい華麗な作品。ダンスのセクションで私は踊りたくなりました!
4.ルビラ(スペイン民謡)
∮愛のロマンス ・・・ 映画監督のルネ・クレマンが映画の制作経費を 削減するために、ナルシソ・イエペスに演奏を依頼したことにより、この曲が世に出たそうです。
残念なことに、映画の題名とギターの曲名が混同されているケースが多く見受けられるとの紹介がありました。
曲名はしばしば「禁じられた遊び」と誤解されたりしていますが、 実はスペインのギター奏者ルビーラが民謡を元に(?)作曲した「ギター練習曲」がルーツとか・・・
 現代のシニア層がギターを始めた時に、この曲の簡単に演奏できるところ、少し難しいところ、非常に難しいところなど、非常に興味を引くお話しがありました。

禁じられた遊び


5.ターレガ(1852~1909)
∮アルハンブラ宮殿の思い出 (1896 )・・・
  ギターの名曲中の名曲。スペイン、アンダルシア州グラナダの宮殿でアラブの王様が造った。
イスラム思想により、外観はただの赤土壁だが中に入ると、精密な装飾、内部は非常にきれい、外と内がこれほど違う宮殿は珍しい。 近くに滝があり、至る所に水が流れている。噴水が多くあり、どこにいても水の音が聞こえるという最高の贅沢です。
フラシスコ・タレガが宮殿の水の音をギターのトレモロ奏法により再現したと言われています。
  アルハンブラ宮殿の贅沢は水の流れる音に象徴されているというお話が印象的でした。さらに驚いたのは「行ったことある方おられますか?」の問いに多数の方が挙手されたことでした。受講生のみなさんは豊かな体験をお持ちなのですね。
第Ⅱ部
6.ヴィラ・ロボス (1876~1946)
∮プレリュード第3番 ・・・ ヴィラ・ロボスはブラジル紙幣に顔写真が載るほど著名だった。
前奏曲を6曲書いたが5曲しか残っていない。今日の演奏はそのうちの第3曲。
7.トゥリーナ(1882~1949)
∮セビリアーナ幻想曲 1923  ・・・圧巻のギターソロ曲、譜面も外され最高の演奏!
 現在ピアノ曲が見直され、ギター曲以外も演奏されている、とお話がありました。
以降はピアノとギターの合奏、音楽という言語で、上田、増井両先生が音量に気を付けながら、会話されているようでした。
もう少し、音響を管理できるところであればと思いながら、アンコール曲を楽しみました。
合奏

8.マヌエル・ポンセ(1882~1948)
∮ギターとチェンバロの為のソナタ  第Ⅱ楽章、第Ⅰ楽章 
9.エリク・マルシェリー(1957~)
∮アンダルシアの夜 (2009)
∮リナーレス(2011)   
∮オリヴィエの為の子守歌(2005)
ポンセ以降は私のピアノとのアンザンブル、至福の!時間を共にしている気分でした!
繊細なギターの音色に寄り添うのは難しいですが、抑制された情熱が伝われば、と願って弾きました。



-------パワーポイント 抜粋 --------

ギターの魅力2018-001縮小

ギターの魅力2018-002縮小

ギターの魅力2018-003縮小jpg

ギターの魅力2018-004縮小jpg

ギターの魅力2018-005縮小jpg

☆☆☆☆☆ 一口レポートの抜粋 ☆☆☆☆☆


◆ギターを弾くのは難しそう。
◆朝のピアノ演奏は今改めて青春! 今後ともよろしく。
◆真近で聴いたギターは素晴らしかった。指の動きと曲に引き込まれました。
◆「愛のロマンス」をギターで演奏しようとした、ダツラクの組です。久しぶりのギター“ネイロ”いいですね。
◆エリク・マルシェリー、初めて聴きました。ギター曲は作品が少ないのでもっと増えるといいですね。
◆授業まるまるギターの生演奏。知っている曲も知らない曲も聞き惚れる時間でした。
◆ギターの生演奏素晴らしかった。「愛のロマンス」(というより私たちの世代では「禁じられた遊び」)  
 を久しぶりに聞いて懐かしさに胸震える思いでした。また上田先生との合奏もしびれました。



◆至福の一刻でした。ただ椅子にずっと座っているのが少々しんどいです。
Ans.長時間座るには心地よい椅子とは言えないですから、お気持ちはわかります。疲れない為には・・・御茶席の正座のように身体の軸を起こすと、座位でも身体をキープ出来るので少し楽になれるかも。

◆ギターの曲って拍子がとりにくいなあって思いました。でもおだやかな気持ちになってとてもよかったです。
Ans.今日の演奏曲には変拍子や複合拍子(7拍子など)も含まれていました。本日演奏のスペイン系ギター音楽において、歌のセクションはもともと自由な語りなのでリズム・拍子ともに非常にしなやか、規定の拍子感を超える世界です。また踊りのセクションも、もともとの踊り自体のテンポが非常に自由です。型にはまりきらない情緒あふれる世界、そこでのリズムは”情念”でしか捉えられない・・・そこに大きな魅力を感じていただけたら幸いです。

◆イエズス会の宣教師はビウェラを信長(1534~1582)に聞かせたのだろうか、右近ガラシャさんはそれを聴いて魅了されたか。
Ans.この御質問に完全にお答え出来る資料を見つけることは出来ませんでしたが、ビウエラについては、安土桃山時代にスペインから布教とともに伝来し、時の織田信長、豊臣秀吉もその音色を聴き、キリシタンの日本人も演奏した記録が残されています。ザビエルはこの楽器でミサをあげ、信長はこの楽器を気に入り、小姓達に習わせ茶会で愉しんだとの記述も有るとか。ビウエラは小型チェンバロ、小型オルガン、ハープ、ヴィオラ・ダ・ガンバ、と共伝来し愛好されたと思われます。 右近ガラシャ(細川ガラシャ)も秘かに通ったミサにてその音色を聴いたのではないでしょうか。あくまで推測にすぎませんが・・・。

◆クラシックギターとフラメンコギターがあるようですが、これは、楽器の違い? 楽曲の違い?
Ans. フラメンコギターは、フラメンコの歌と踊りを引き立てる伴奏として用いる楽器で、明るくて立ち上がりが鋭く、歯切れの良い音色が特徴です。クラシックギターより軽い糸杉を用い、本体そのものも薄く軽量。弦長は長め、弦高は低めに設定。激しい奏法から表面を保護するため表板は厚め。弦を激しくかき鳴らすコード奏法、表板を指先で叩くゴルペ奏法、イントロでは5連のトレモロ奏法などを多用します。

Comment. 増井先生の繊細且つ情熱的なギター、堪能していただけて嬉しいです。穏やかで飾らない風貌は先生のお人柄ゆえ。一昨年6月ノワ・アコルデ(来週のチェンバロ授業の会場)でのコンサートを聴き、直ちに「音楽を楽しむ科」での演奏をお願い致しました。御紹介しそびれましたが、先生の略歴を記しておきます。第7回日本ギターコンクール第3位。第2回ホセ・ルイス・ゴンサレス国際ギターコンクール第1位。アメリカ・マルティネス国際ギターコンクール第1位・・・など、今も演奏活動に御多忙な先生です。  上田


今日は全受講生のほぼ4分の1にあたる11名の方々から、各人のこれまでの社会参加活動について発表いただいきました。
発表の内容は次の通りです。
<ボランティアの内容>           <発表者>
・国際交流支援                  NM
・学童保育他                    T T 
・中高年向けグループレッスン         UK
・万博会場でのイベント時の案内業務     KK
・老人施設(傾聴、イベント時の雑務)     SM
・病院での案内業務                OE
・ ヘルマンハープ                 UE
・南京玉すだれ                   KK
・江戸時代岡田家案内ボランティア      MT
・(ハイダー)関西研修センター他        KH
・校歌をうたい広める               KY

この内容に加えて、これまで各人がやってこられたボランティア活動について詳しく教えていただきました。ボランティア活動を始められたきっかけから、どの様にしてそのボランティア活動を捜しだしたのか迄事細かくお話しいただき、大いに参考になりました。私が知らないボランティア活動も多く、ボランティアてこんなに幅広い物だと感心しました。ボランティア相手に喜んでいただく事により元気をもらうという発言に、聞いていてボランティア活動をやってみたいと感じました。ボランティア活動を通じての人間関係のお話しも多く、高大が目指す、友達づくりに相通じるものだと思いました。又、お話しされている方が皆さん楽しそうで若々しく見えました、これも高大の目指す健康づくりに通じるものですね。それと流石文化講座「音楽を楽しむ科」、楽器(ヘルマンハープ)の演奏があり、最後は名曲(迷曲?)の合唱で締めくくり、文化芸能(南京玉すだれ)の予告までありました。聞いている者がボランティア活動を前向きに捉える楽しいひと時でした。
発表の皆様ありがとうございました。

《 一部ですが、発表者の様子です 》
社会参加(準備) (1)

社会参加(準備) (11)

社会参加(準備) (12)

ヘルマンハープを初めて見ました。とても綺麗な音色ですね
社会参加(準備) (22)

社会参加(準備) (27)



----- 午後のクラスミーティング -----
二か月が経過し、遠足も終わり少し落ち着いてきました。更に、本年は10周年の年で例年とは違い高大フェスタが来年1月となりました。高大フェスタ迄時間があり、じっくりクラス運営が行えるので、午後のクラスミーティングでは、改めて各役割毎に仕事内容の確認とタイムスケジュールについて話し合いました。
その中で次の事が決まりました。
白熱教室    各人が発表するのではなく、班で論議し班単位で発表する
          テーマ'(案)「音楽の楽しみ方(ベスト5)」
社会参加活動 1回はクラス全体で実施する(第一回目10月をそうしたい)
          もう一回は班単位でも良いのでは
遠足       6月中に行先決定、その為各班で候補地を6月11日迄に各人が提案
修学旅行    6月中に一泊か日帰りかを決める
          夏休み明けには行先を決定
高大フェスタ、コーラス等については今後検討する

短い時間でしたが、各グループ共非常に熱心に論議し、決めるべき事がきっちり決まりました。今後のクラスのまとまりが楽しみです。


☆☆☆ 一口レポートの抜粋 ☆☆☆

◆発表される皆さん本当に真面目にボランティアされている姿に頭がさがります。頑張って下さい
◆お話されている方がいきいきされていて、ボランティアをする事が素晴らしいと言葉でなくても伝わってきました。
◆第二の人生、誰かのためになる生き方をしてらっしゃる方が多いのですね。
◆皆さんボランティアに活動していて感動しました。私も頑張ろう。
◆皆さんの素晴らしい活躍にびっくりです。「ボランティア」は、人の為→自分の為だと思いました。
◆傾聴ボランティアのあいうえお、とても参考になりました。皆さんお話し上手。
◆ボランティア活動をされている方が多くて感心しました、ヘルマンハープの音色とても素敵でした。
◆校歌の替歌「春の遠足」がよかった。

 | ホーム |