FC2ブログ
今回のブログ担当は3班です。
音楽は時代の影響を受けると共に、その時代の他の芸術の影響を受けるし、影響を与えることが、ドビュッシーの音楽を聞くと良くわかる。また日本の文化と通じるものがあるのが面白い。なんとなくリラックスできるのが不思議である。

-----------上田先生の講義録
❤コーダイフェスタのコーラスを2日後に控え、今日は最後の練習日!
 本日の「人生の扉」はその直前発声練習のつもりで、ひたすら楽しく歌っていただきました。P1010223縮小

 C.モネ作 「印象 日の出」フランス近代の香り-001縮小
∮ベル・エポック ・・・ パリにて・・・∮
 1885年頃から第1次大戦(1914年勃発)頃までのパリは、ヨーロッパ各地から芸術家が集う華麗な芸術の都となり、その時代は ベル・エポック(良き時代)と呼ばれます。印象派と呼ばれた画家達(モネ、マネ、ドガ、ルノワール)、象徴派の詩人達(ボードレール、マラルメ、ヴェルレーヌ)の活躍と共に、C.サンサーンス(1835-1921)等がフランス固有の音楽を創出し、G.フォーレ(1845~1925)を経て、C.ドビュッシー(1862-1918)、 M.ラヴェル(1875-1937)、そして異端児 E.サティ(1866-1925)、さらには当時の新人類「六人組」に引き継がれてゆきました。フランスの音楽は 「ただニュアンスだけを(ヴェルレーヌ「詩法」)」 に象徴されるように、印象や感覚を重視して水や光や風など捉え難い対象を描き、リアルな描写や激しい感情表現を避ける傾向にあります。とはいえ作曲家達は各々個性的に創作を展開、その表情は様々です。C.ドビュッシーはロシア、スペイン、東洋の文化までをも採り入れて強く独自性を発揮、M.ラヴェルは“均衡・抑制・明晰”を理想とした創作を展開しますが血をひくスペインはもとよりジャズをも採り入れ、E.サティは『家具の音楽』という現代のイージーリスニングに繋がる概念にまで至るのでした。今日は印象派絵画や象徴派の詩との関連に触れながら、C.ドビュッシー、M.ラヴェルの作品を鑑賞しました。

≪ドビュッシーとラヴェルの音楽を聴く際にイメージ作りの参考にした絵画≫
『モネ』( 睡蓮 )⇒ドビュッシーフランス近代の香り-002縮小
『マネ』(笛を吹く少年 )⇒ラヴェル
フランス近代の香り-003縮小
『M.ローランサン』(スペインの踊り)
フランス近代の香り-004縮小

≪ピアノ演奏≫
∮ C.ドビュッシー    「アラベスク No.1、 No.2」(1888-1891)
≪観賞CD≫ 
★ C.ドビュッシー    交響詩「海」(1903-1905) 第Ⅰ章 海の夜明けから真昼まで
★ C.ドビュッシー    「牧神の午後への前奏曲」(1892–1894)
≪ピアノ演奏≫∮ C.ドビュッシー 「月の光 (ベルガマス組曲No.3)」(1891頃)
≪観賞CD≫
★ C.ドビュッシー    「水の反映」(「映像第Ⅰ集」より1905)
★ M.ラヴェル      「水の戯れ」(1901)
★ M.ラヴェル      「道化師の朝の歌Op83」(1905) 
★ M.ラヴェル      「ボレロ」(1928)
★ M.ラヴェル      「左手の為のピアノ協奏曲Op82」 (1930)  S.フランソワのピアノにて

❡ 本日はドビュッシーとラヴェルの比較で時間切れ、E.サティまでお話を進めることが出来ませんで 
  した。フランス近代の香り-005縮小
かわりに・・・「ドビュッシーとラヴェル、どちらがお好き?」という2択設問を出しました。 
  続けて「私はどちらが好きと思いますか?」と問いかけてみました。


-----------午後のコーラス練習
4か月間に亘ってご指導いただいたコーラス練習も
明後日のコウダイフェスタ リハーサル、本番を控えて最終日となりました。
野間先生、小野先生ありがとうございました。

P1010250縮小



☆☆☆ 一口レポートの抜粋 ☆☆☆

◆ロシアもええけどフランスもええなあ。音楽の素晴らしさは万国共通。ドビュッシーとラヴェル音楽は
どちらも好きだけど、ハンサムなラヴェルに一票。

◆作品の評価は、ローマ大賞を取るかどうかより、歴史が証明するものだと思う。イメージが鮮やかで、リズム感もあり私はドビュッシーよりラヴェルの方が断然好きだ。

◆楽器、楽譜は「音楽」の原点を伝えるものだとやっと分かりました。古代から現代の音楽がそういう流れだと。

◆ドビュッシーとラヴェルそれぞれ個性的であるが私はドビュッシーが好きです。

◆フランス音楽はつかみどころがない感じで苦手なのですが、ドビュシーの方がややなじみがあります。

◆ドビュシーとラヴェルそれぞれにいい曲があるので好みと言うより、聴きたい曲で選ぶ感じです。



☆☆☆ 上田先生から丁寧な回答&コメントが ☆☆☆


◆ドビュッシーが「ハンマーが無いかのようなピアノ」と言うならば、弦楽器(ヴァイオリン、チェロ等)の方が似合うように思うがーーー。
Ans.それを敢えてピアノで要求する・・・のがドビュッシーなのです。ピアノを達者に弾いたドビュッシーはピアニストに最大限のデリカシーを求めたのだと、私は思います。

◆ドビュッシーとラヴェルどちらが好きか?と聞かれると ラヴェルはやはりボレロがでてくる、水のたわむれる小川、水の反映?水の半影?でもいい!
Ans.面白いネーミングですね!  でも今日聴いたのはドビュッシー作「Reflets dans l'eau水の反映」、ラヴェル作「Jeux d'eau水の戯れ」。混同しないでねー。

◆ラヴェルの方が好きです、特にボレロは聴いていてフラッシュクダンスが眼に浮かびました。
Ans.「フラッシュダンス」・・・音楽は違うけれど、でも蘇ってくる”熱さ”がありますね。

◆牧神の午後への前奏曲はバレエ音楽と思っていた、ドビュッシーの音楽は「家具の音楽」として聴きたい。
Ans.「牧神の午後への前奏曲」、1892~1894に作曲された管弦楽作品で、1912年ロシアバレー団によって『牧神の午後』としてバレー上演され、以降もバレー上演は多く為されました。

◆ドビュシーのあいまいさというか絵画で言うもうろう体の音楽に心を引かれる。日本人の感性をくすぐるところがある。
Ans.私もそう思います。少ない素材で含蓄の多い表現、俳句に通じるものを感じます。

◆ドビュッシー、ラヴェルその他この時代の作曲家はイージーリスニングの要素がありとても癒される曲が多いと思いました。時代背景が影響しているのでしょうか。
Ans.19世紀音楽の濃厚な感情表現への反動、時代的にみるなら“転換期の頽廃”でしょうか。

◆音は弦が出しているようだが実はハンマーも弓も出している。その音をなくせもしくは無いように演奏しろということではないですか。
Ans.具体的に言うと、ハンマーが弦に当たる衝撃を極力減らせということだと思います。


Comment.沢山の個性的な感想をいただけて嬉しいです! 21世紀の今では許されそうもないスキャンダルだらけのアーティスト達。でも本質的な革新は規範を超えるところから始まるのかもしれない。もうウン十年前ですが、私はなによりこのフランス・アーティスト達の自由奔放さに心惹かれておりました。 今日はサティの紹介までお話を進められなかったのが心残りです。「Je te veuxおまえが欲しい」「Gymnopédieジムノペディ」弾くつもりで楽譜持って来ていたので。またいつか機会があれば・・・。   上田啓子


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム |